6. 賛助会

(1) 賛助会の趣旨

 麻布台学校教育研究所は、賛助会制度をとって運営しています。その趣旨は、本研究所の活動成果を広く社会に還元するとともに、活動内容をより創造的で価値あるものにするために、賛助会会員の方々から指導・協力・支援をいただくためにあります。

 これまでの本研究所の調査研究、教育懇話会、研修講座の活動も、賛助会員の優れた指導者や支援者等に恵まれ、また幅広い多くの会員の方々の協力を得て、着実に歩んでくることができました。

 現在の賛助会員は、北は北海道から、南は沖縄まで全国に広がり、会員数は約400人に達しています。賛助会員には、学校関係者のみならず、行政関係者・学識経験者及び、政界や経済界、芸術関係者の方々がおられ、幅広い立場からの指導・助言をいただいております。

(2) 賛助会の年会費

 賛助会会員の方からは、賛助会費(年3,000円)を納入していただいております。会員には、「月報」、「所報」、「研究紀要」等の定期刊行物をお届けしています。また、研究所の開催事業についてのご案内もしております。

 会員の皆様には、研究所が発行する月報・所報等を通して、教育等に関する提言や実践活動の報告の機会を設けております。また、必要に応じて本研究所からの資料の提供や校内研究、教育相談等の支援を受けることもできます。

(3) 教育懇話会員、研修講座会員の年会費

 当研究所の、教育懇話会・面接研修講座の二つの開催事業では、別途の年会費を納入して参加していただくことを原則としています。年会費は次の通りです。

1:教育懇話会員
 年6回の教育懇話会への参加希望者からは、会費(年10,000円・賛助会費含む)を納入していただいております。自動的に賛助会員になります。
2:面接研修講座会員
 教育管理職志望の面接研修講座への参加希望者には、賛助会会員になっていただきます。そのため賛助会費年3,000円を納入していただいております。

このページの一番上まで戻る